マイホームはどうやってデザインする?基本の2ステップとは?


住宅業者に相談して原案を提案してもらう

注文住宅でマイホームを建てるときにはデザインをどうやって決めたら良いか悩むでしょう。まずは住宅業者に相談して原案のデザインを提案してもらうのが最初のステップです。一から素人がデザインをしても、法律上許されない建築になってしまったといったトラブルが起こることもあります。プロの住宅業者にどんなイメージのマイホームにしたいのかを伝えて、具体的なデザインをしてもらうのが効率的で失敗がありません。業者によってどのような原案を提案するかは異なります。複数の業者に相談して原案を出してもらい、比較して魅力のあるデザインを候補として考えると良いでしょう。業者によって対応は異なりますが、原案を出すまでは無料で対応してくれることもよくあります。

希望を伝えて改善案の提案を受ける

住宅業者に提案されたデザインが魅力的で、もうこのまま建築して欲しいということはほとんどありません。よく見てみると問題点がいくつも出てくるのが普通です。もっとリビングを広くしたい、外観を落ち着いた雰囲気にしたい、インテリアを置く棚を用意したいなどといったさまざまな要望が出てくるでしょう。改善して欲しい点をまとめて希望として業者にフィードバックし、新しいデザインの提案を受けましょう。このやり取りを繰り返していくことでだんだんと理想のデザインができあがっていきます。注文住宅を建てるときには妥協せずに、希望することははっきりと住宅業者に伝えてデザインを改善してもらうことで理想を実現できます。

ローコスト住宅とは、無駄を省くことで低予算で建築できる住宅を指し、1000万円台でマイホームを建てることも可能です。